ようこそ!いわき総合法律事務所ホームページへ! トップへ
トップページ > リンク集
過労死関係
過労死110番全国ネット
 1988年(昭和63年)から行われている「過労死110番」と過労死弁護団全国連絡会議のサイト。各地の相談窓口などが掲載されています。岩城弁護士は過労死弁護団全国連絡会議の事務局次長を務めています。
過労死防止全国センター
 2014年6月に成立し同年11月に施行された過労死等防止対策推進法(過労死防止法)を実効性のあるものにするため、幅広い民間団体や専門家の協力共同と、国・地方自治体との連携の要となるものとして2014年10月に結成された団体。岩城弁護士が事務局長を務めています。
過労死防止大阪センター
 過労死防止法の成立・施行を受けて、国及び大阪府並びに府下自治体の過労死等防止対策とも連携しつつ、大阪において過労死等の防止と救済に取り組むことを目的として、大阪で長年過労死問題やいのちと健康の問題に取り組んできた人々が広く参加し、2015年3月に結成。岩城弁護士が副代表幹事を務めています。
過労死防止学会
 過労死防止のための調査研究や啓発を民間側として推進するために、過労死遺族、研究者、弁護士、マスコミ関係者等によって2015年5月に結成。岩城弁護士も発起人の一人となっています。
大阪過労死問題連絡会
 過労死や過労疾患に対して労災認定や企業補償を認めさせるとともに、働き過ぎ社会を考え過労死をなくしていくことを目的として1981年に結成された、関西地方の弁護士、医師、研究者、過労死家族、労働団体などによるネットワーク。岩城弁護士が事務局長を務めています。
大阪過労死家族の会
 家族を過労死で亡くした関西中心の遺族や後遺障害が残った被災者や支援者たちが互いに交流し、学びあい支援しあうために1990年12月に結成。当事務所が連絡先となっています。
労働問題一般
日本労働弁護団
 労働事件・労働問題に取り組む全国の弁護士が結集する弁護士団体。各種提言や労働相談Q&Aなど、大変充実しています。
働く者のいのちと健康を守る全国センター
 労働者のいのちと健康を守る取り組みを全国で行っている団体。過労死問題や労災問題でも積極的に取り組みを行っています。全国各地に「地方センター」があります。
民主法律協会
 大阪を中心に、弁護士・学者・研究者ほか労働組合・市民団体が、平和・民主主義・国民の権利を守り、発展させることを目的として1956年6月に結成した団体。岩城弁護士は2004年8月~2007年8月の3年間、事務局長を務めました。
NPO法人働き方ASU-NET
 2006年9月に結成され、ホワイトカラー・エグゼンプション、派遣労働、パート雇用、官製ワーキングプア、ブラック企業、不況、震災・原発、格差、貧困、生活保護などの問題に取り組んできた「働き方ネット大阪」が2013年7月末にNPO法人として認証。ASU-NETは、活動家支援共同(Activist Support Union)の略称。岩城弁護士が共同代表の一人を務めています。
欠陥住宅関係
欠陥住宅全国ネット
 1995年1月の阪神大震災を契機に社会問題化した欠陥住宅被害の救済と予防を目的として、1996年12月、欠陥住宅問題に取り組む弁護士、建築士、学者、欠陥住宅被害者や市民によって結成。岩城弁護士は1999年5月~2006年11月の7年半にわたって事務局長を務めました。
欠陥住宅関西ネット
 欠陥住宅全国ネットの最初の地域ネットとして、1997年10月に結成。約160人の弁護士・建築士を擁し、欠陥住宅被害の救済と予防の活動を行っています。岩城弁護士は1999年2月まで初代事務局長を務め、2007年11月以降は代表幹事を務めています。
裁判所・官公庁
裁判所
 最高裁と全国の裁判所のサイト。最高裁や高裁・地裁の裁判例や、全国の裁判所の裁判官の名前や法廷などが掲載されています。
厚生労働省
 国の政策のうち「社会保障」(旧厚生省担当)と、「労働」(旧労働省担当)が合体した省庁。「過労死等防止対策」で検索すると、過労死等防止対策推進法や昨年11月の国主催シンポジウム、過労死等防止対策推進協議会、過労死等防止対策大綱などのページに行くことができます。岩城弁護士は現在、過労死等防止対策推進協議会の専門家委員を務めています。
衆議院
 国会のうち衆議院のサイト。厚生労働委員会をはじめとする各種の委員会の審議状況や議員についての情報が詳細に紹介されています。
参議院
 同じく参議院のサイト。同じ国会なのに衆議院のサイトと全然違っているのは、いかにも二院制っぽい(笑)。

ページトップへ